大學院において第一種奨學金の貸與を受けた者の返還免除申請手続きについて (新制度 平成16年度採用者から適用)

大學院において第一種奨學金の貸與を受けた學生であって、在學中に特に優れた業績を挙げた者として機構が認定した者には、 貸與終了時、學資金の全部または一部の返還が免除されます。

申請時の奨學金案內等で既にお知らせしていますが、平成16年度の大學院第一種奨學金の採用者から、 「特に優れた業績による返還免除」制度が適用されることになります。

対象者等の詳細は下記のとおりですが、返還免除は本人からの申請に基づいて審査?決定されますので、 申請希望者は、下記のとおり手続を行ってください。

  1. 対象者 (次の要件全てに該當する者)
    (1) 本學大學院において第一種奨學金の貸與を受けた學生で、在學中に「特に優れた業績」を挙げた者。
    (2) 平成16年4月以降の採用者で、平成16年度中 (平成17年3月まで) に貸與終了する者 (修了、早期修了、退學、辭退等による貸與終了者を含む。)
  2. 申請方法
    申請期限 平成17年3月11日 (金)まで
    申請場所 學務部學生生活課 (學生センター內) 奨學支援係
    電話 (078) 803-5430
  3. 提出書類
    • 業績優秀者返還免除申請書
    • 大學院における成績証明書
    • 特に優れた業績を証明する資料
  4. 業績及び評価基準

    (業績は、本學大學院における教育研究活動等に関する業績及び専攻分野に関連した學外における教育研究活動等に関する業績である。)

    (1) 學位論文その他の研究論文
    • 學位論文の教授會での高い評価、専攻分野に関連した研究內容の學會での発表
    • 學術雑誌への掲載又は表彰
    (2) 大學院設置基準第16條第2項に定める特定の課題についての研究の成果
    • 特定の課題についての研究の成果の審査の結果が教授會等で特に優れていると認められること
    (3) 著書、データベースその他の著作物 (前2號に掲げるものを除く。)
    • 専攻分野に関連した著書、データベースその他の著作物等が、 社會的に高い評価を受けるなど、特に優れた活動実績として評価されること
    (4) 発明
    • 特許?実用新案等が優れた発明?発見として高い評価を得ていると認められること
    (5) 授業科目の成績
    • 講義?演習等の成果として、優れた専門的知識や研究能力を修得したと教授會等で高く評価され、 特に優秀な成績を挙げたと認められること
    (6) 研究又は教育に係る補助業務の実績
    • リサーチアシスタント、ティーチングアシスタント等による補助業務により、 學內外での教育研究活動に大きく貢獻し、かつ特に優れた業績を挙げたと認められること
    (7) 音楽、演劇、美術その他蕓術の発表會における成績
    • 教育研究活動の成果として、専攻分野に関連した國內外における主要な発表會等で高い評価を受ける等、 特に優れた業績を挙げたと認められること
    (8) スポーツの競技會における成績
    • 教育研究活動の成果として、専攻分野に関連した國內外における主要な競技會等で優れた結果を収める等、 特に優れた業績を挙げたと認められること
    (9) ボランティア活動その他の社會貢獻活動の実績
    • 教育研究活動の成果として、専攻分野に関連したボランティア活動等が社會的に高い評価を受ける等、 公益の増進に寄與した研究業績であると評価されること
平成17年3月4日
學務部學生生活課奨學支援係
必威